マイクロソフトのベセスダ買収が正式に完了。気になるXbox独占タイトルについては…?

マイクロソフト

マイクロソフト」は、以前より進めていた「ゼニマックス・メディア」買収が正式に完了したことを発表しました。

  

ファンであったベセスダがチームXboxの一員になったとコメント

 

  

以前、この「ゼニマックス・メディア」買収の件を欧州委員会が承認したことが明らかになり、正式な買収完了は目前となっていましたが、ついにマイクロソフトから買収完了の発表が。

約75億ドル(日本円でざっくりと8,000億円くらい)という国が動きそうな額の買収締結を済ませたマイクロソフトが、またゲーム業界の最強へと近づきましたね。

 

  • 「Bethesda Game Studios」
  • 「ZeniMax Online Studios」
  • 「id Software」
  • 「MachineGames」
  • 「Arkane Studios」
  • 「Tango Gameworks」
  • 「Alpha Dog」
  • 「Roundhouse Studios」

上記8つの開発スタジオがマイクロソフト傘下になり、『The Elder Scrolls』『Fallout』『Doom』などのシリーズタイトルがXboxファミリーの一員になるということになります。

 

ですが、我々ユーザーが1番気になるところと言えば、「Xbox独占タイトルは発売されるのか?」ということ。

結論から言うとXbox(+PC)独占タイトルの計画はあるようです

これが完全新作かシリーズ新作なのかは不明ですが、将来的なリリースはXbox寄りな動きになっていくのかもしれませんね。

 

ベセスダもXboxファミリーの一員になった報告をしています。

 

DEATH LOOP』(Arkane)『GHOSTWIRE TOKYO』(Tango Gameworks)のPS5の独占契約は尊重されるようですが、新作の『インディ・ジョーンズ』のゲーム化(Bethesda Softworks)や、開発中と思われる『The Elder Scroll VI』(Bethesda Softworks)は、どうなるのか…。

少なくとも、「Xbox Game Pass」には、ゼニマックス傘下のゲームたちが続々と登場することは確定でしょう。

 

ベセスダ製のゲームが好きな方は「Xbox Series X│S」を持っていても損はない時代に近づいてきたのかもしれませんね。

 

SIE、任天堂、MSの3強の勢力図が大きく変わるような買収案件がついに正式に完了へ。

PS5の勢いを潰しにかかってくるのかどうなのか…!

この先、ユーザーとしてのマルチやら独占やらの心配事は、すべてはXboxを買えば無問題!ということになりそうですね。

何はともあれ、新作を心待ちにしております…!

ソース「GameBusiness.jp