【コーヒートーク】トロコンしました。※ネタバレあり

PC

先日クリア報告をしたばかりですが、さっそく『コーヒートーク』トロコンさせていただきました!

 

  

トロコンの難易度は…

評価 :2/5。

クリアの翌日にトロコンということで、難易度については語ることもないかと。

ノベルゲームということで、基本的には全てのルートに辿り着くことがトロコンへの条件となっています。(2周は必要になります。)

ちょっと特殊なものもありますが、基本的には本編で客が欲している飲み物を提供し続けることでだいたいのトロフィーは埋まります。

しかし、1つ…チャレンジモードで獲得する「バリスタの尊師」が飛びぬけて難しい!星1じゃない理由はこれですね(といってもこの『コーヒートーク』の中でという意味なので頑張れば取れなくはないです。)

時間制限がある中、客から出された注文に合う飲み物を50回提供するという条件このトロフィー。
始めは簡単な注文ですが、20回目あたりからが本番なんですよねこのモード。

このトロフィーを獲得するためチャレンジモードをやる度に「そんなややこしい注文すんじゃねぇ…(#^ω^)」と何度思ったか。

飲み物を作る上で重要になる「ほっこり感」「さっぱり感」「甘み」「苦み」…。

時間制限がある中、限られた材料で「抑えたほっこり感、抑えた苦み、強い甘みでさっぱり感ゼロな飲み物頂戴!!」(例) という何ともイメージしづらい注文をしてくるので正直イライラしちゃいました…笑
時間制限のない本編で出された方がマシですね…。

でも、じつはoptionボタンを押すことで時間を止めるという反則技があるんですけどね…。(これ使ってなかったら今でも飲み物を提供し続けていると思います。)

失敗したら即終了とかだったらもうクリアできる気がしませんでした….。

 

この時点で計73杯も提供してたのか…。
制限時間4分近くもありますけど、反則技使ってます…。

  

 

ゲームについてだいたいのことはクリア報告で語っているので、今回はネタバレありで、気になったことなどを書いていこうと思います。

 

重要人物そうで最後まで何もないんかい

 

そう、エージェントくんです。

このあとニールの身に危険が…!?と思ってたんですけど何もなかったしこの時限りのキャラでしたね。

別にこの件なくてもストーリーに影響ないような…。

この何もなさが逆に気になる…。実は伏線張ってるのかい??

続編も発表済みなのでもしかしたら続編を見越してのキャラなのか…?

 

○○○の傷って何なんだろう

 

指で飲み物を飲むような正体不明の宇宙人ニールが最終的にこの姿になるわけですが…顔の傷なんだろうなぁと気になっていました。

医者の格好しているのはわかるんですよ、シンプルにモテそう。(本当に医学を勉強してたらごめんね。)

ただ顔に絆創膏みたいなの貼ってるのなんだったんでしょう。

医者だから医療関係者のガラを意識してるのかなーと思ってたんですけどこの二人接点なかったような。

  

人狼化したとき自傷行為に走ることもあるガラが傷だらけなのはわかるんですけどね。

 

特に意味ないのかな…。もしかして整形?ちょっと気になった点でした。

 

タイムトラベラーなの?

 

マスターことバリスタ(デフォルト名)は宇宙人ってことでいいですよね??

2周目以降から度々でる“その未来視てきたから”感は宇宙人特有の能力なのか…バリスタ=プレイヤーとしての単なる“もう1周目したからわかるよね?”ってことなのか…。

ストーリー始めたころから一番謎が多かったのって実はバリスタなんですよね。謎に金持ちだし。

とりあえず、“人間ではない”ということがわかったので、続編ではここをもうちょっと掘り下げるのかどうなのか気になるところではありますね。

 

ハシキの ~ちょっとこれは飲んでみたい

 

ガラハッド」です!「紅茶」ベースに「ミルク」、「生姜」少々…。

人狼化したガラにこれを飲ませるか飲ませないかでレイチェルヘンドリーの人生が変わってしまうという結構重要な飲み物。

甘みはなくほっこり感が抜群の生姜の効いたミルクティーってとこですね。心落ち着ける紅茶です。

私はあまり紅茶飲まないですけど、店で暴れるほどの人狼を鎮静化させるほどのほっこり感ということで気になってます。

 

 

ちなみに「ガラハッド」はゲームオリジナルのミルクティーみたいですね。

 

そんな紅茶をこんな飲み方するのは笑った。

  

 

続いて「ミルキーウェイ」、「ミルク」ベースに「はちみつ」、そして「ミント」を添えて…。何とも品のある一杯。(だいたい品ありますけど)

味覚がない宇宙人ニールを唸らせるというすごいホットミルクです。

 

ほんとに驚かせちゃいます。

 

甘みが強いのにさっぱりしているという銀河系ホットミルク。さっぱりしたもの好きなので気になっちゃってます。

ちなみにこちらもゲームオリジナルの飲み物らしいです。

 

あと、忙しい現代人に必要なのは「ベッドチェンバー」でしょうか。「ミルク」ベースの「シナモン」「はちみつ」入りホットミルク。

フレイヤの原稿の出来を左右するほどのぐっすり眠れる魔法のホットミルクということで、ストレス社会で眠りが浅い人にオススメしたい。まぁこれもオリジナルなんですけど。

 

つまり、ゲームオリジナルの飲み物って味気になるよね!ってことですね。

実際に作ってみるのも面白そうです!

 

あっという間に終わってしまった『コーヒートーク』!
出会わせてくれたインディーゲームセールに感謝ですね…!カフェ「コーヒートーク」から離れるのが何か寂しくなるほど、良い空気感を味わえました。
今のところPC向けしか発表されていない『コーヒートーク:エピソード2』ですが、いずれコンソール機にも出してくれると思うので発売されたらまた遊びたいですね!