【モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド】Netflix独占配信でモンハンをCGアニメ映画化!

CAPCOM

カプコンは、『モンスターハンター』の世界観をCGアニメ化した映画『モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド』を2021年8月12日(木)より「Netflix」にて全世界独占配信することを発表しました。

同作の予告編も公開されています。

 

本作は、ゲーム版『モンスターハンター』と同じ世界観となり、一部のキャラクターはゲーム版と同一人物のオリジナルストーリーとなります。

  

人間・自然・巨大なモンスターたちがそれぞれのバランスを保ちながら共存する世界。

人里離れた村で、“自称ハンター”として村を守っている青年エイデンは、ある日、自分の住む村が、謎に包まれたモンスター<古龍>の脅威にさらされていることを知る。村を守る方法を見つけなければいけないエイデンは、ハンターズギルドに属する一流ハンターのジュリアスとその仲間たちとともに、故郷を離れ未知の冒険へと出発するー。

※ハンターズギルド:モンスターの中でも最強と呼ばれる古龍を含む様々な脅威から市民を守り、この生態系の調査・維持を主要任務としている組織である

  

モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド」より引用

  

主人公はエイデン。『モンスターハンター4』の筆頭ルーキー、そして『モンスターハンター:ワールド』の陽気な推薦組と同一人物で、エイデンがモンスターハンターになる前の物語を描きます。

キービジュアルや予告編でもわかるよう、筆頭リーダージュリアス筆頭ガンナーも登場します。

 

   

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』に続き、『モンスターハンター』もCGアニメ化!

連続ドラマではなく約58分もの映画となるようです。

カプコンがアニメ化に力を入れているのは『バイオハザード』だけではなかったのですね!

ポール・W・S・アンダーソン監督による実写映画化『モンスターハンター』が記憶に新しいですが、こちらはゲーム版に基づくストーリーなのでゲームファン必見の映画となりそうです!

 

突然発表されたまさかのCGアニメ映画化!

ありそうでなかったアニメ映画化…続編が出るにつれ、『モンハン』も世界観が固まってストーリー性が出てきたので映画化しやすくなったのかもしれないですね!