【Switch】有機ELモデル以外の新型の予定はないと公式発表

Switch

任天堂は、発表されたばかりの新型Switch有機ELモデル」が、従来型Switchよりも収益性が高まるといった趣旨の報道に対し、明確に否定し、それに併せて「有機ELモデル」以外の新型モデルは計画はないと発表しました。

 

  

勝手に、収益率が上がるなんて報道されたら混乱を招くので任天堂もたまったもんじゃないでしょうね…。

しかし、注目したいのはもう1つの方、“新たなモデルを計画していない”というところ。

かねてより、高画質、安定したフレームレート、そして4Kに対応といった上位版の「Pro版Switch」が噂されていましたが、これをきっぱりと否定したということになります。

  

  

「有機ELモデル」がPro版Switchの噂の根源でしたが、実際のところ、有機ELディスプレイ以外は従来型と遜色のないものになっています。

TVモードに重きを置いた4K対応などのアップグレード版Switchをちょっと期待していましたが、どうやらしばらくは出ないようですね。

「Lite」や「有機ELモデル」など、今は“携帯ゲーム機”として注力しているみたいなので、Pro版が出るとなっても相当先の話しかも…?

 

こうやって任天堂が正式に否定するって中々まずい報道だったみたいですね。

ただ、ちょっとPro版を期待していたので正直残念…新型Switchとしては、「有機ELモデル」がしばらく頑張ってくれそうです。
TVモード派の方は、もうしばらく従来型Switchを頑張らせることになりそう。