【クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~】自然豊かな町「アッソー」で過ごす夏休みとは?

Switch

2021年7月15日(木)Switchで発売予定の『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』の店頭用PVが公開されました。

PVでは、本作でしんのすけが一週間過ごすこととなる自然豊かな町「アッソー」でどう夏休みを過ごすのかがわかる、ゲームプレイがメインのPVとなっています。

 

  

  

 

このほどよい田舎で過ごす夏休み感は大人にも響きそうですね…!

基本的には自由にいろんな場所を遊びに行けるようで、好きな場所で「虫取り」「釣り」をすることでいきものの写真を集め、「いきもの図鑑」にコレクションできます。

楽しかった出来事や捕まえた虫や魚がいたら、「絵日記」に記録することも。

  

  

「くろかみ農園」という農園では、野菜を育てることができ、育てた野菜を町のお店や食堂に持っていくとおこづかいがもらえます。

おこづかいは、おつかいや子ども記者になりスクープ写真を撮ることでももらうことができます。

   

 

また、お店のBGMを変えることができる「DJあそび」やアッソーのお友達と遊べる「恐竜バトル」というミニゲームのようなものも。

 

  

PVで紹介された夏休みの過ごし方はここまでですが、なぜかカスカベ防衛隊たちにそっくりなアッソーで出会うお友達や、史上最恐のマッドサイエンティストと呼ばれるあくの博士、そして何より、アッソーで過ごす7日間はなぜ繰り返されるのか?という謎がまだはっきりとしていません。

基本的には『ぼくなつ』のようなゲームになりそうですが、この“アッソーの謎”を追い求めるストーリーもあったりしそうですね。

  

発売日がちょうど7月という夏休み感を楽しむにはちょうどいい時期ですねー。

この懐かしさのある夏休みが染みる大人が多そうです。

この3Dしんちゃんの難しい造形を可能にした3Dだけど2D感のあるグラフィックがすごい開発者の拘りを感じます…。