【バイオハザード:インフィニット ダークネス】7月8日よりNetflixにて配信!

その他

「Netflix」にて独占配信となる連続CGドラマバイオハザード: インフィニット ダークネス』の配信日が7月8日(木)から開始とカプコンより発表がありました。

それに併せて、同作の重要なヒントが隠されたキービジュアルキャラクター紹介本予告映像も公開中です。

 

  

  

  

6年前(2000年)、内戦中のペナムスタンへ軍事介入していた米軍の「特殊部隊」のヘリが墜落した。
同作戦地域にいた米軍の「マッドドッグス」隊は、司令室の待機命令に背く形で生存者の救助に向かうがすでに「特殊部隊」は壊滅。隊長ジェイソンが率いる「マッドドッグス」隊も命からがら脱出することになる。
しかし、ジェイソンらが現場で見たものは、死んだはずの「特殊部隊」が不気味に動き出す様子だった…。

現在(2006年)、ホワイトハウスの極秘ファイルへの不正アクセス事件が発生する。その捜査のため召集されたレオン・S・ケネディ、ペナムスタンの英雄ジェイソンを含むエージェント4名は、突如停電したホワイトハウス内で正体不明のゾンビ達と遭遇。SWATと共にそれらを制圧する。

その後、極秘ファイルは上海の生物科学研究所に関するものだとわかり、手がかりを求めレオンら3名のエージェントが捜査に向かうことに。最新鋭の潜水艦で上海へ向かう途中、突如として現れた集団で襲ってくるネズミ型B.O.Wの襲撃を受け、窮地に立たされてしまう。

一方、テラセイブの職員クレア・レッドフィールドは難民支援のためぺナムスタンに在留中、失語症の少年が描いた奇妙な絵と出会う。
ウィルス感染者を描いたと思われるその絵をきっかけに独自の捜査を進めるクレア。
そしてペナムスタン内戦時に実施された、ある恐ろしい実験に辿り着く。思いがけぬ真実、そしてペナムスタンに端を発した事件の真相に近づくレオンとクレア。

更に、平和を覆す恐怖の発露が迫っていることが発覚する…。

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』公式サイトより引用

  

本作には『バイオハザード2』でおなじみのレオンクレアのコンビが再登場し、『バイオハザード4』で登場したアシュリーの父親グラハム大統領が初登場します。

監督は「海猿」シリーズや「MOZU」シリーズを手掛けた羽住英一郎監督が務め、アニメーションは映像作品『バイオハザード:ヴェンデッタ』を制作した「Quebico」が担当します。

また、日本語吹替えでの配信も決まっており、おなじみのレオン役を森川智之さん、クレア役を甲斐田裕子さんが演じます。

 

ストーリーを見てみると、サスペンス要素もあるというこでかなり凝った内容になりそうですね!

シリーズの物語にも関わってきそうな初の連続CGドラマということで期待してます!

  

レオンとクレアのコンビは『バイオ2』の他にCG映画『バイオ:ディジェネレーション』でもありましたね!今度は3度目となり、時系列的には『ディジェネレーション』の後になります。

顔は『バイオ4』『リベレーションズ2』寄りですが、英語版キャストは『RE:2』から引き続き担当のようで、成長したレオンとクレアをどう演じるのか、英語版もちょっと気になりますねー!