【わるい王様とりっぱな勇者】泣いてしまう予感しかしないRPGが登場…!

PS4

「日本一ソフトウェア」は、2021年6月24日(木)PS4 / Switch 向けに発売する“絵本を旅するRPG”『わるい王様とりっぱな勇者』のPVを公開しました。

 

  

これはいつか君に倒される物語

世界は強大な力を持つドラゴンの魔王に支配されていた。
しかし、一人の勇者の青年がその支配を打ち破ったのだ。

命まで取りたいわけじゃない。と、勇者は魔王の力の源である角の片方を切り落とし、見逃した。
その後一人で傷を癒やす孤独な魔王の元へ、勇者は話し相手になるために通った。

勇者と過ごす日々は、恐ろしい魔王の性格を少しずつ丸くしていき、いつしか勇者と魔王は親友となっていた。

ある日、勇者は瀕死の重傷を負いながら魔王の元を訪れ、言った。
もうじき命を落とす自分の代わりに、自分の娘を立派に育てて欲しい、と。
その手には、小さな赤ん坊が抱かれていた。

きっとこのときのために自分は生き永らえたのだ。と、魔王は思った。

その後、勇者の娘はかつての魔王「王様ドラゴン」の手によって育てられる。
少女は、王様ドラゴンから語られる父親の冒険の話を聞き、自らも勇者になりたい。と言う。
その時が来たのだと、王様ドラゴンは思った。
この子を立派な勇者へと育てるのだ。

――いつか君に倒されることになっても。

『わるい王様とりっぱな勇者』公式サイトより引用

  

幼い子供「ゆう」をりっぱな勇者に成長していく過程を見守り、手助けし、ともに冒険していくRPG

まるでペンで描かれたようなキャラクター、ステージ、UIなどのグラフィックは、デザイナーによる手描きで作られています。

手描きの質感をそのままに背景グラフィックにアニメーションを実装、声優の近藤玲奈さんによる朗読調の語り、ページをめくる絵本のような演出で、ゲーム×絵本という世界観を実現させています。

 

  

主人公と頼れる仲間たち

ゆうの育ての親であり、魔王たちの王様の「王様ドラゴン」。

かつて邪悪な魔王として君臨してたが、今はゆうの“しゅぎょう”のお手伝いや成長を見守るパパ的存在に。

 

今は亡き勇者の子供で幼い女の子「ゆう

父親のようなりっぱな勇者になることを目指しながら、王様ドラゴンと暮らしている。

王様ドラゴンが父親と戦った魔王だとは知らない様子。

 

ゆうが冒険していく中で、頼れる仲間に出会うことがあります。

仲間たちの力を借りることで、宝箱を手にしたり、新たな場所へ行くことが可能。
困ったときに力を貸してくれる存在です。

  

雪ぎつねの一族「コンコ」。

家族思いでたくさんの兄弟がいる。

穴を掘って地面に埋まったアイテムを見つけてくれる

 

王様ドラゴンの家来「サカサ」。

魔王だった頃の王様ドラゴンに憧れている。

お得意のナイフ捌きで浮かんだ宝箱を落としてくれる。

 

人間の国のお姫様「フローラ」。

魔王の復活に怯える国民のため、自分もなにかできないかと考えている。

この傘のおかげで風を利用し、崖の向こう側へ渡れる。

 

“しゅぎょう”という名のバトル

RPGなのでもちろん敵と遭遇し戦うことがあります。

バトルは「こうげき」「どうぐ」を使用するオーソドックスな戦闘。

ただ、ゆうは幼い女の子なので、“手助け”が必要です。

王様ドラゴンの力でゆうにはできない「こうげき」の手助けをし、ゆうの“しゅぎょう”を見守る必要があるのです。

 

自分の力ではなく、あくまでも「手助け」をしていく、というのがちょっと面白いポイントですね。

 

実は悲しい物語に?

冒険をして外が暗くなったら、ゆうは王様ドラゴンと共に暮らす山のすみかの洞窟へ帰ります。

ゆうは今日の出来事を王様ドラゴンにいっぱい話し、王様ドラゴンはゆうの父親である勇者の冒険のお話をしてくれます。

しかし、その勇者の敵だったのが王様ドラゴンになるので、勇者を目指すゆうはいずれ王様ドラゴンと勇者の真実に辿り着くのかもしれません。

育ての親が最大の宿敵であるという悲しい結末しか想像できないのですが、「これはいつか君に倒される物語」というキャッチコピーの通り、ゆうは王様ドラゴンを倒さなければいけなくなるのでしょうか…。

これは涙腺ゆるゆるゲーになりそうな予感がしますねぇ…。

  

 

2021年6月24日(木)PS4 / Switchで発売される本作は、「通常版(DL版)」「初回限定版」「Nippon1.jpショップ限定版」の3種類があります。店舗別特典あり。

初回限定版」には、オリジナルBOX、ミニアートブック、サウンドトラックCD(2枚組)が付属。

Nippon1.jpショップ限定版」には、上記の初回限定版に加え、木製アートパネル仕様の描き下ろし複製原画(サイン&シリアルナンバー証明書入り)、王様ドラゴンのぬいぐるみが付属されます。※数に限りあり、再販なしのようです。

 

 

 

この温かみのある絵本のようなグラフィックに惹かれてしまいました…。

公式Twitterもあるので気になる方は随時チェックしてみてください!

それにしても、もうキャッチコピーで泣けて来そうなんですが、どんな結末が待ってるんでしょうか…。

※画像は公式サイトおよび公式PVより引用しています。